Macky's つれづれ日記Part.2

CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
竹光侍 2 (2)
竹光侍 2 (2) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
RECOMMEND
竹光侍 1 (1)
竹光侍 1 (1) (JUGEMレビュー »)
松本 大洋,永福 一成
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 知る人ぞ知る印鑑屋『山本印店』を再訪!
    Macky (05/20)
  • 知る人ぞ知る印鑑屋『山本印店』を再訪!
    斎藤裕子 (05/19)
  • 「HERMES(エルメス)スペシャル・ソルド」in 東京ドームシティ・プリズムホール
    のぶ (12/17)
  • 雨の中、コスプレで親孝行
    Macky (08/09)
  • 雨の中、コスプレで親孝行
    不二子 (08/08)
  • 神楽坂『RISTORANTE STEFANO(リストランテ ステファノ)』でランチ!
    Macky (06/18)
  • 神楽坂『RISTORANTE STEFANO(リストランテ ステファノ)』でランチ!
    ぴぴ (06/18)
  • 鎌倉・佐助『ブンブン紅茶店』でふわふわフレンチトースト
    Macky (05/03)
  • 鎌倉・佐助『ブンブン紅茶店』でふわふわフレンチトースト
    Giuliani (05/02)
  • 藤沢『La Bonne Palette(ラ・ボンヌ・パレット)』でお誕生日ランチ
    Macky (04/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
音楽劇『三文オペラ』鑑賞
0
    渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演されている、
    宮本亜門演出による音楽劇『三文オペラ』に
    招待していただいたので、観て来ました!
    宮本亜門演出『三文オペラ』

    ベルトルト・ブレヒトの最高傑作といわれる戯曲『三文オペラ』。
    日本でも、いろいろな演出家の手により何度も上演されていますが、
    今回の主演は三上博史。
    そのほかにはデーモン小暮、松田美由紀、安部なつみ、
    田口トモロヲ、カウンター・テナー歌手の米良美一などが出ています。

    何がビックリって、シアターコクーンの舞台の床面を
    全部壊しちゃって、客席の真ん中に穴を開けちゃったのです。
    たった1ヵ月の公演のために劇場を改造しちゃうって……。
    亜門さん、すごすぎる。

    全3幕で上演時間は3時間以上と聞いていたので
    「退屈だったら、どうしよう」と心配しましたが
    展開は速いし、各幕間で休憩もあったせいか
    それほど長くは感じませんでした。

    今回、劇中で流れる歌の歌詞翻訳は三上博史が担当したそうです。
    そのせいか、かなり熱の入った演技ではありました。

    ただ……。
    私自身はそれなりに楽しめましたが、
    友達にはあまり薦められないかなぁ。
    とにかくテレビでは絶対に流せない
    放送禁止用語が連発されていたし(面白かったけど)、
    いかんせん、皆さん、歌が上手じゃありません。

    全編、「セリフが歌」っていうオペラじゃないだけマシでしたけれど、
    なんだかセリフも聞き取りづらくて。

    でも、熱心なファンもたくさんいるみたいで
    アンコールは4〜5回行われたし、
    終演後にはスタンディングオベーションが起こっていました。

    上演は残念ながら明日までです。
    人気が高ければ再演もあるんでしょうが、
    床を改造しちゃうなら、シアターコクーンは、
    もう2度と使わせてもらえないのでは。。。

    【三文オペラ】
    http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/09_sanmon/index.html
    | Entertainment | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    シルク・ドゥ・ソレイユ『Corteo(コルテオ)』鑑賞
    0
      原宿の特設テント、新ビッグトップで上演されている
      カナダのパフォーマンス集団“シルク・ドゥ・ソレイユ”の
      最新作『Corteo(コルテオ)』を観て来ました。
      新ビッグトップ

      コルテオ仕様の車が入り口で迎えてくれます。
      コルテオ仕様のダイハツの車

      開演前からグッズ売り場も大盛況。
      グッズ売り場も盛況

      今回のテーマは「死」。
      間もなく死を迎える1人のクラウン(道化師)。
      彼が死の間際で走馬灯のように見ている夢を、
      数々のパフォーマンスで表現しています。

      これまでの“シルク・ドゥ・ソレイユ”作品とは違って、
      ストーリー性が重視されていて
      初めて見る人でも、わかりやすくなっていました。

      とは言っても、ジュリアーニは全然わからなかったらしいですけど……。
      見終わったときに、「で、結局なんだったの?」って
      質問をぶつけられましたから(笑)。

      開演前に舞台を覆っていたルネッサンス調の美しいカーテンや
      ときにパフォーマーたちの道具にもなっていた豪華なシャンデリア、
      そして出演者たちの衣装など、いろんな部分が凝っていて
      過去の作品よりもシックでオシャレなステージになっていると思います♪

      これまでと違うといえば、今回の『コルテオ』の観客席は
      360度の円形になっています。

      そのおかげで、「本当に同じ人間?」と思ってしまうほどの
      目を見張る数々のパフォーマンスをどこからでも楽しめます。

      私たちはセンターゾーンの真ん中あたりの座席でした。
      まさにど真ん中。ステージ全体を見渡せて良かったです。
      席を用意してくれたカンちゃん、ありがとう!

      また、“シルク・ドゥ・ソレイユ”ならでは、と言えるのが
      バンドの生演奏と歌姫(ディーバ)の生歌。
      ステージで繰り広げられるパフォーマンスも素晴らしいけれど、
      そこに流れる音楽も本当に素敵です。

      コルテオとはイタリア語で「行列」という意味なんですって。
      死にゆくクラウンを見送る仲間たちが繰り広げる祝祭パレード。
      2時間半がアッという間に過ぎちゃいました。

      次は舞浜でやっている『ZED(ゼッド)』が見たいなぁ。

      <今日の演目>
      本日の演目

      【コルテオ】
      http://www.corteo.jp/index.html
      | Entertainment | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP